「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

BRONxxx "Poser#1"

真夏のライブは日曜日


7/17sun
barアナーキー
d0254719_18491473.jpg


7/31sun難波ベアーズ
d0254719_18491423.jpg



8/28sun 鰻谷コンパス
d0254719_18491455.jpg


d0254719_18491431.jpg

LP聴いてライブに来て下さーい!


[PR]
# by bronxxx-bronxxx | 2016-06-26 15:49

Poser Now Poser Forever!

BRONxxx 1st full length LP
25 kick ass songs‼︎
'
Poser Now Poser Forever!'
2016. 6/20 release.(調整中)
アメリカ発売日2016. 6/10
d0254719_10090087.jpg
cover art by
legendary Tim Kerr of Big Boys
d0254719_10090122.jpg

Trailer↓↓
Reverbnation
https://www.reverbnation.com/BRONxxx2
d0254719_10090140.jpg


国内お問い合わせ
MCR COMPANY

http://www.dance.ne.jp/~mcr/


[PR]
# by bronxxx-bronxxx | 2016-06-04 09:45

2016summer

2016summer schedule

6/17金曜日
FLAT SUCKS企画
d0254719_15145555.jpg


7/17日曜日
8x7×企画
d0254719_15145528.jpg


8/28日曜日
cantina rima10周年イベント
d0254719_15145649.jpg


[PR]
# by bronxxx-bronxxx | 2016-05-22 15:09

Surprised Pop Records インタビュー!

ビックリ・ポップ・レコーズ!?
d0254719_19424509.jpg


THE SPROUTS(ザ・スプラウツ)元木氏が、立ち上げたレーベル“Surprised Pop Records”の第一段 “VA / The Bridge For Your Dance Floor” が、今年2016年3月27日にリリースされるとの事なので、レーベル・オーナーの元木氏にメールで お話を聞きました。 

元木氏といえば、鋭い直観&すぐれた分析能力&クール視線(←ほめ言葉です!!!)な印象で、、、とにかく、今回のリリースの事を中心に色々聞いてみました。 質問に対して、丁寧に答えて頂いてますので、読み応え満点だと思いますよ☆


Surprised Pop Records 元木氏 インタビュー

---いつ頃から音楽を聞くようになったんですか?

大規模なコンサート会場ではなく、ライブ・ハウスに足を運んでいたのは、当時のベタな感じで、Hi-STANDARDやGARLIC BOYSなどで、大学1年生です。 とはいえ、周りで聴いている人はいなかったのでいつも一人でライブ・ハウスに行ってました。で、どんな音楽かを知ったキッカケは、たまたまラジオから流れるHi-STANDARDとGARLIC BOYSを聴いて即座に「ぴあ」をチェックし、直近でHi-STANDARDのライブがあることを知り、心斎橋(大阪)のクラブクアトロに観に行ったような。。。 

Hi-STANDARD のGROWING UPがリリースされる少し前で、その時にWRESTLING CRIME MASTERが、共演していて、めちゃくちゃかっこよくて大阪にこんなかっこいいバンドがいるのか!と。 後日、東京に遊びに行く友達(そんなに音楽好きでもない)に、ディスク・ユニオンってとこでBLOW OUT (WRESTLING CRIME MASTERの3rd 7インチ)を買ってきて!と言ってお願いしました。今思うと大阪のバンドだし、NATからリリースされてたのですぐに買えるんですが、パンクのレコードを扱っているお店がどこにあるのかもわからないくらい、当時は知識がなかったです。インターネットも普及してなかったし。。。そこを糸口にどんどん深みにはまって、ファンダンゴやベアーズに行くようになりました。さらに深みにはまったのは、SUPER SNAZZを知ってからなのでもう少し先かな??? それ以前は、完全なメタル・ヘッズでした。


---普段は、どんな音楽を聴いてるんですか?

普段は、パンク、ハードコア、日本のニュー・ウェーブや歌謡曲が主です。 基本的には、キャッチーでそのときにハマる雰囲気の音楽が好みです。


---音楽以外で 特別に興味を持っている物ってありますか?

絵画鑑賞、オリジナル造形のフィギュア、漫画。。。 字面だけ見るとかなり気持ち悪いですね。絵にしても造形にしても、グロテスクだけど二度見したらかっこよかったり、可愛いかったりするものが好きです。 二度見するというのは何かしら引っかかった時なので、そういう瞬間は重要だと思ってます。あと、第一印象は重要ですね。


---自分で音楽を演奏する様になったのはいつ頃からですか?

高校に入学した際、神戸・三宮のセンター街でギターを親に買ってもらったのですが、どうやっていいかもわからない状態で、ギターを持ってるヤツに知り合う高校2年までの約1年間くらい放置してました。 その際、あまりにも弾けなかったので、やばいと思い、弾き方を解説しているカセット・テープを購入して、BLACK SABBATHのPARANOIDの解説を聞きながらひたすら練習してました。 その時は、バンドを組むまでには至らず、大学3年くらいまで練習スタジオに入ったこともなかったですね。


---はじめて組んだバンドは?

前述のとおり、バンド活動はしてなかったので、はじめて自分で組んだバンドは、THE SPROUTSです。結成したのは、大学を卒業するかしないかくらいの頃です。 その前に、THE SPROUTS結成時のベースとドラムがやっていたバンドのメンバーと、毎日のように遊んでいて、ヘルプでベースやギターを弾いたことはありますが、あくまでヘルプでした。ヘルプをするにあたって、大学3年ではじめてスタジオに入ったのですが、偶然にも、みんなBLACK SABBATHが好きでPARANIODを合わせたので、なんとか乗り切りました。


---THE SPROUTSは、ガレージとファスト・コアを合わせた様な音に感じますが、それはバンドを始めた時からのコンセプトですか?

そうですね、聴いたことのある音楽はやりたくなかったので、当初からファストなスピードに、レンジの狭いジャキジャキしたギターサウンドとロックなフレーズをブレンドするよう意識しました。テクニックやヘビーなサウンドって上を見るとキリがないし、音作りのセンスや 自分たちにバンド・マンとしての雰囲気がない分、他にない感じが出したかったですね。


---THE SPROUTSが、過去にSOUND POLLUTIONやI HATE SMOKEから音源を出した経緯を教えて頂けますか?

THE SPROUTSを結成する前から、今は閉店してしまった、兵庫県の姫路マッシュルームというライブ・ハウスに用事がなくても遊びに行ってたので、出たいなぁ~と思ったら、演奏時間も短いから!って、強引にライブさせてもらってたんですね。むちゃくちゃですけど。。。で、たまたま、HELLNATIONがジャパン・ツアーで姫路に来るというのを知って、(もう就職して働いてましたが、)HELLNATIONと一緒にREAL REGGAEも姫路に来る!? なんて事はもうないだろうからって、いつものノリでライブさせてもらったんです。 きっと、3回目か4回目のライブでオリジナルは2曲で、他は8曲カバーみたいな状態でしたが、気づくと何故か、HELLNATIONのギターのKEN(SOUND POLLUTIONのオーナー)と、ドラムのALがステージの前に来て観てたんですよ。 で、出番が終わったら、KENから「良かったから、レコード出さないかい?」みたいに言われたんで、「オリジナル2曲やで?」「かまへん、かまへん(※かまへん=イイよ)」という やり取りをしたものの、特に打ち上げでも交流はなく、いつもどおり怖(COA)と話をするという過ごし方で、その日は終了しました。で、その後、HELLNATIIONのツアーも終わって1週間くらい経ったから、試しにメールしてみよっかということで連絡をしたら、「オリジナルできるまで待つから、お前らのタイミングで出来次第送ってくれ」という返信が来て、そこから20曲作らなぁ~!て なってスケジュール立てたら さらにありがたいことに、男道レコードの井上さんから「THE FUTURESの池田くんからの紹介なんだけど、コンピに参加しませんか?」という連絡があって、もちろんです~!ということで、27曲かな?一気に作ってSOUND POLLUTIONからの1st7インチがリリースされるに至る、という感じです。 そしてもちろん、男道のコンピもリリースされました。

I HATE SMOKEの音源については、東京に単身来てメンバーが固定するまで時間がかかったんですが、バンドとして、ある程度カタチになってきたので、そろそろ東京でもやってます!ということも含めてデモ音源を作ろうって話をしてたときに、ドラムのレンくんのつながりで大澤くん(I HATE SMOKE、SENSATIONS、SEVENTEEN AGAIN、etc)から音源を作ってみませんか? と声をかけてもらったので、彼にお願いしました。 だから、当時のセット・リスト・メインでプラス新曲が数曲、という収録曲になっています。個人的には、それまで録音スタジオやマスタリング・スタジオにお願いしたことがなかったので、良い経験ができましたし、かなり良い音質で仕上がったと思っています。


---今回 レーベルを始める動機って何だったんですか? 何かキッカケがあったんですか?

キッカケとしては、北海道のDEAD FISH BOYSとMODERN GOODDAYSというバンドのスプリット7インチが大きいです。彼らが、自主でスプリットをリリースするってことで、まだリリースしていない状態にもかかわらず、東京でライブをした際に、そのライブに呼んでいただきまして、ライブ自体も 彼らの雰囲気も とても良くて、昔、神戸で、同じ北海道のgreeen!とCHAOTIXが、ツアーしたときの記憶が蘇って、「なんか良いなぁ~」とおぼろげながら感じました。 その後、出来上がった作品のジャケットが、デムくん(現MosomosO、元greeen!)が、描いていて、ライブで感じたものと自分の中でパーツがはまったというか、そのときに
「音源を出してみたいな」という気持ちが漠然と湧きましたね。


---レーベル名“Surprised Pops Records”の由来を教えて頂けますか?

今まで、THE SPROUTSのデモCDRを出す際に「SPR-○○」という型番をつけていたので、それになぞらえようと思いつけました。


---Surprised Pops Recordsは 元木さん独りで運営してるんですか?

基本的には独りで運営しますが、協力がなければできないことなので、色々な方にアドバイスを もらいながら準備しています。


---レーベルのロゴは誰が描いたものなんですか? かわいくて素敵ですね。
d0254719_19424579.jpg

BRIDGE SHIP HOUSEさんという都内を中心に活動されている、イラストレーターの方です。 お願いした経緯は、渋谷のヴィレヴァンだったと思うけど、プラバンの手作りバッジを見て、興味を持って、そのあと展示に何度か足を運んで、いろいろな作品を見た結果、お願いしました。 とにかく原画の色遣いが独特なので、無理を言ってロゴにもそのイメージを反映していただきました。 レーベルは単発のリリースで終わらせたくなかったので、ロゴのデザインにこだわりましたが、無理を言いまくったので苦労されたと思います。本当に感謝しかないです。 ありがとうございました。

レーベルロゴでTシャツを作ることと音源を出すことからスタートしようと思っていますので、まだ地下活動中です。


---レーベルのコンセプトや、リリースするバンドの判断材料(基準)を教えていただけますか?

特にコンセプトのようなものは無いのですが、まずは自分自身が良いと思えた上で。 ジャンルを問わずだと思うのですが、自分自身のイメージとはまるかどうかが、第一の入り口です。 次は、こういう音源を出したらおもしろいかな?と、イメージが湧くかどうかです。 イメージが湧かないと、他の人が出しても違いがないと思うし。 そういった意味で、バンドのみの縛りも考えてないです。


---これからのリリース予定を教えて下さい。

当面の予定としては、リリース第1弾4のWAYスプリットLPです。 タイトルは、「The Bridge For Your Dance Floor」。
今後の予定として、2~3リリース予定はありますが、現段階だと、大阪のmanchester school≡の単独音源を7インチで考えています。


---リリース第1弾4のWAYスプリットLPには、そんなバンドが収録されているんですか? 
 
Circle Flex(愛媛)、FCFS!(岡山)、Dance My Dunce(岡山)、THE SPROUTS(東京)の4バンドです。4バンドともにベースになっているのは、カラッとしたUSハードコアだと思いますが、似て非なる音源になっています。
d0254719_20361428.jpg


***各バンドの情報は、以下のとおり***

・Circle Flex(サークル・フレックス)
愛媛を拠点に、2004年から活動していましたが、昨年末に解散したので、今回がラスト音源です。 最初期はSKATE ROCK寄りでしたが、バンドのカラーは、速さよりも、DAG NASTYとかSCREAMとか、いわゆるDC!な感じのメロディに移行したように思います。 単独音源でCD「The City Spreads Under Your Leg」を2014年に自主リリースしたのですが、今回の音源は部屋モッシュできるようの音源をこさえてくれました(※こさえる=創る)。

・FCFS!(エフ・シー・エフ・エス)
2013年に結成した、岡山を拠点に活動する4人編成のバンド。 元PITTY、元TILL EWING、現MY OWN CHANGE、一時期GxSxDヘルプしていたメンバー等から構成されています。 疾走感のあるサウンドに細かいフレーズを詰め込んだ、手数の多い岡山っぽいサウンドです。 ちなみに、録音時期は3ピースだったのですが、その後ベースに新メンバーが加入して、ベースのトチオくんが単独ボーカルになったようです。

・Dance My Dunce(ダンス・マイ・ダンス)
SKATE ROCKやCROSSOVERなサウンドをもとに活動していた、元PINPRICKSのメンバーを中心に、岡山にて2010年結成。デモCDR録音時からドラムのメンバー・チェンジ後、初めての録音した音源になります。 ライブでもおなじみの曲で、ハッキ言ってかっこよくて腹立ちます。 ライブもかっこいいです。

・THE SPROUTS(ザ・スプラウツ)
2002年、兵庫県姫路にて結成して、流れに流れて現在東京を拠点に、やんわり活動しています。 あくまでRAWで、THRASHな感じの音ですが、今作でEL NUDOのオーハシさんが、ベースで初参加しての音源ですが、付き合いも長いので新曲もいい感じに仕上がったと思います。


---なぜこの4バンドだったんですか?

当然、かっこいいというのが第一にありますが、付き合いが古くてお世話になってるバンドで、共通してるのは、基本的にマイペースな活動すぎてどんくさいところでしょうか。 たぶん、似たような性格のバンドで放っておけないというか。 今までお世話してもらっているので、ケツを叩く側にまわってみようかと思いました。 あと、好きなバンドの最新音源をリスナーとして、一番最初に聴けるからってのが、最高なことでしょうね。 もちろん、聴いてもらっていいなと思ったら、バンドにも直接コンタクトをとってほしいです。

The Bridge For Your Dance Floor, by Various Artist (←視聴はコチラ、バンドキャンプ)

VA / The Bridge For Your Dance Floor, Trailer (←トレイラー、ユーチューブ)

---リリースはいつ頃の予定ですか?

出す!出す!と言いながら時間が経ち、ようやく目途がた立ちました。 2016年3月27日(日)リリースです。 レーベルからも直販可能ですのでご連絡ください。


---フォーマットは何ですか?

12インチのアナログ・レコードです。 イメージとてしては、SOUBD POLLUTIONのコンピ、Tomorrow Wil Be Worse vol.1を
12インチ1枚にまとめたようなイメージです。 あれは6バンドですけど。 1バンドのカラーがわかるようなボリュームになればな、と。


---どんなレーベルにして行きたいですか? 理想とする? または具体的に目標とするレーベルってありますか?

これ!といったレーベルに絞ることはできませんが、ESTRUSだったりSYMPATHYだったり、リリースした作品を見てレーベルとしての整合性が取れていればいいかな、と思います。 あとは、PUSMORTやBACTERIA SOURの様な拘りまくったディテールの音源が、出せたら面白いですね。 時間とお金が許せばですけど。。。 とりあえず、あまり大風呂敷は広げないで、両手を広げて届く範囲から始めていきます。


---元木さんは、今の国内のハードコアやパンクのシーン(シーンてあるのかな?)や バンドをどの様に捉えて見てますか? 東京近辺と地方では諸々大きく異なるのかなぁと思いますが、、、

バンドをやりはじめてからシーンってものを感じることはありますが、そういうところからは、いつも無縁ですね。 なので、よくわからないです。 自分に関連した話だと、速い音楽、いわゆるファストな音楽のバンドって、確実に少なくなったなぁ、と思います。


---(上記の質問と非常に似ていますが、) 現在、東京にお住まいで、関西やその他 地方都市のシーン(?)やバンドを、どの様に見えていますか?

東京から見る地方の状況とてしては、それぞれの土地で色んなバンドがいて、盛り上がってるんだろうなぁ~と感じても、実際にその土地のバンドに聞くと、地元ではそうでもないよってことが多々あるので、人が来るときは人が来るし、来ないときは来ない、という状況は、関西にいたときと個人的な感想はあんまり変わってないのかな。。。 ただ、自分が足を運ぶようなライブで感じることだと、バンドにしても観に来る人にしても、若い方って少ないように思います。 少なくとも東京に来たばかりの8年前とでは全然違うように感じます。 地方も同じような感じっぽいですね。 そもそも、そんなに人が来るライブに行ってないだけかもしれなかったり、長い目で見たら、そんなときもあったなぁ~くらいなものかもしれないですが。

個人的には、自分が楽しめる環境があれば、それでいいと思う。 
それくらいの意識で、バンドもレーベルも今後も継続できたらなと思います。
[PR]
# by bronxxx-bronxxx | 2016-03-09 18:27 | lnterview

8×7×プレゼンツ

次のライブは!

3月12日(土) @246十三
開場 22時30分
開演 23時
1000円

The Super Floor (名古屋)
The Cavitys (東京)
Katsuyama I.D.
Sanhose
BRONxxx
d0254719_15132835.jpg




8x7xの友人の個展があります!
d0254719_15132894.jpg


僕のカナダ人の友人が 難波OCAT前のアートヤードスタジオで作品展をします。
■3月20日(日)~3月25日(金)
@アートヤードスタジオ
14時~21時 入場無料


イギリスでバンド(Scat Opera)したり
スケートボードしたり
喧嘩してスケートボードで頭を割られたり
シングルファーザーとして娘を育てたり
いつもお騒がせな 熊みたいな身体したカナダ人が ペインターとして ソロの作品展をします。本人は初めての日本でワクワクしてるみたい。

お時間のある方は ぜひぜひチェックしてあげて下さい。
何卒よろしくお願い致します。
(8x7x)
[PR]
# by bronxxx-bronxxx | 2016-02-23 15:08