BRONxxx "Poser#1"

Dead Fucking Last interview

ハロー皆様 !!!

我々BRONxxxとCantinaRima(メキシカン・レストラン)でスケート・パンクのレジェンド “Dead Fucking Last” にインタビューを行いました。

インタビューはウェブマガジン A-Files に掲載して頂いています。
なかなかシッカリと答えてくれてるので読み応えのある内容だと思います。 ぜひチェックお願いしま~す☆


で、その “Dead Fucking Last” のTシャツやキャップがCantinaRima で販売中(通販可)です。


興味のある方は、そちらも是非チェックして下さ~~い☆

BRONxxx
# by bronxxx-bronxxx | 2015-03-19 18:31 | lnterview | Trackback | Comments(0)

THE Tubuloids インタビュー!

For English readers please scroll down

The Tubuloids インタビュー


我々BRONxxxと2015年4月18日(レコード・ストア・ディ)に12インチ・スプリットをBeer City Skateboards and Records
(以下 Beer City / アメリカ・ミルウォーキー)
よりリリースするカナダ・バンクーバー出身のThe Tubuloids(以下 T)のKevin Baxter(ギター・ボーカル)にメールでインタビューを行いました。

--まずは、自己紹介をお願いします。
T:俺達は、カナダのバンクーバー出身の4人組。メンバーは、Kevin Baxter(ギター・ボーカル)、Rob West(ギター)、Dave Dolan(ベース)、Teddy Rennie(ドラム)のだよ。

--あなた達の音楽(ジャンル)は何て呼べばいいんだろう?
T:激しいリバーブとドッカンドッカンいうドラムで みんなの耳をビチョビチョにして破壊するツナミ・サーフ・ロックだね。

--あなた達は、サーフ・ミュージックとハードコア・パンクとサイコビリーをミックスさせてる様に聴こえるんだけど、そのコンセプトはバンドを始める時から考えていた事なの?
T:そうだよ。コンセプトは、パーティでシャブやスピードをやり過ぎたベンチャーズ!って感じかな。
それと、1つ大切な事を言っておこう。1960年代の日本では、The Venturesのアルバム販売数が、The Beatlesよりも多かったって知ってたかい?
それぐらい日本には、サーフ・ミュージックのスゲぇ歴史があるんだぜ。

--今までどんな作品をリリースしてきたの?
T:ファースト・デモは、2013年3月に自主制作のカセット・テープで出した“Surf Fukushima(サーフ・フクシマ)”これは俺達のちょっとしたヒット作で、いつもの練習場所で4トラックで録った作品が、カナダのナショナル・チャート・ラウド部門で5位にまでなったんだぜ(←ほんまかいな?ぜったい嘘! カナダ・ジョークのはず)。 
で、次は、初めてちゃんとしたスタジオで録音して、2014年9月に7インチでリリースした“This Wave Sucks” で、その次は、2015年4月にBeer CityからポーザーのBRONxxxと出す12インチ・スプリットだよ。

--Surf Fukushima(彼らの代表曲)は、何について歌ってるの?
T:やばい原子力の旅。。。

--歌詞は、何について歌ってるの?やっぱりサーフィン?
T:ん~~ん、サーフィンは、時々かな。
たいした事は歌ってないよ。インストみたいなもんさ、インストゥールメンタル。

--やっぱりメンバーは、スケートボードやサーフィンをやるのかな?
T:スケートボードに関しては、ベースのDolanとギター・ボーカルの俺様Kevinは、スケート・パークでよくやってて、ドラムのTeddyは、昔からずっとストリート専門。サーフィンは、一番近いサーフィン・スポットまで車で5時間はかかるから、実際はあんまりかな。ショウで遠方に行った時は水遊び程度にはやるよ。

--どんな音楽に影響を受けてるの?
T:古いものでThe Chantays、Dick Dale、Link Wray、The Surfaris、The Ventures、The Lively Ones、Duane Eddy 比較的新しいのでは、From the Present、Man or Astroman、Agent Orange、JFA、The Groovy Gurus、Messur Chups、The Wangs 

--音楽に夢中になったキッカケって何かあるのかな?
T:バカな行いと哀れな人生を送ってたらこうなっちゃったってだけだよ。

--お気に入りのサーフ・バンドや
サーフ・ミュージシャンを教えてくれるかな? 僕はDick DaleとThe Venturesぐらいしか知らないから。

T:クラッシックでお勧めはたくさんあるよ。The Astronauts、The Packards、The Trashmenとか、モダンなバンドならThe Phantom Surfers、Man or Astroman、The Wangsなどなどかな。

--地元バンクーバーで仲のいいバンドって誰かな?
T:Street Sweeper、Car 87、Frostbacks、Line Traps、
The Ayatollahs、Legion of Goonsなどは仲がいいよ。The Vicious Cyclesはかっこよくてお勧めだよ。

--Tシャツやジャケットのアート・ワークが、とってもイカしてるんだけど、あれらは誰がデザインしてるの?
T:アート・ワークは全て俺様Kevinだよ。 ユーモアいっぱいでイカすだろ!!!

--なんでBeer Cityからリリースする事を決めたの?
T:答えは3文字。Dirty Rotten Imbeciles

--もうすぐ、その3文字のレーベルから音源がリリースされるけど、どんな感じ(気持ち)かな?
T:ぶ っ 飛 び そ う だ ぜ !

--The Tubuloidsでやりたい事(成し遂げたい)ってあるかい?
T:2~3週間以内に、お前達の家に車で、突っ込んでやる~(意味不明?再び カナダ・ジョ-ク)

--2015年の予定は?
T:地元のAntisocial Skateboard ShopでBRONxxxとのスプリット12インチのリリース・パーティをスゲぇいいライン・アップでやるから、お前らも来いよ。 ゲスト・リストに入れといてやるよ。春には、Attack Of Danger Bayって言うスケボーのロングボードで丘を猛スピードで下るダウン・ヒル・レースでも演奏するぜ。で、その後夏はカナダ・ツアーだな。

--日本のハードコア・パンクス、サーファー、スケーターにメッセージをお願いします。
T:Get Tubed!お前たちのエロ画像をコチラに投稿してくれ
    ↓ ↓ ↓ 
http://www.tubuloids.com/ あぁ、イク ♡






*******************************************************************



---Hi The Tubuloids!!! Who is in your band now? Where are you guys come from?
T: Nice to hear from you Bronxxx, we’re The Tubuloids from East Hastings, British Columbia. We got Dolan on Bass, Baxter on Guitar /Vocals, Teddy on Drums and Rob’s the new guy.


---hat does The Tubuloids mean? Why did you decide this name? Is that your own word?
T: It means and we’re commandeering the short bus to the beach.

---How should we call your music genre, label?
T: Like a wall of dripping reverb, crashing into your ears drums. Our music will leave you wet and wrecked. We call that, tsunami surf rock.

---You guys mix surf music and hardcore punk (and pychobilly?) don`t you. When you started your band did you already have that concept?
T: Right from day one we wanted to start a band that sounded like The Ventures on a methamphetamine fueled party binge.

---I feel some pycobilly flavor from your sound. Do you like or listen to pychobilly? I like some pychobilly bands myself.
T: That’s Teddy. He loves that shit. Any neighbor he’s ever had, now hates it.

---Could you tell us What you released already in the past?
T: Our first demo “Surf Fukushima!” was released in May 2013. It’s a homemade mix of new classics and obscure hits. We recorded it on a cassette 4 track in our jam space, and it ended up reaching number 5 in the national “loud” charts out here. In September 2014 we released our first studio recording “This Wave Sucks” as a 7 inch EP, and now in 2015 we’re putting out a split LP through Beer City with you poseurs.

---About lyrics… What do you sing about? Surfing?
T: Sometimes, and sometimes we sing about nothing at all. We call those songs “instrumentals.”

---Surf Fukushima…What do you sing about?
T: A gnarly nuclear trip!

---Do you guys play surfing or sk8?
T: Dolan and Baxter are both locals at the Hastings skate-park in Vancouver, and Teddy’s been known to slappy a curb from time to time. As for Surfing, the closest break is 5 hours away, so no, not really. However, whenever we’ve had a gig out that far, our bro Scott has hooked us up with gear to go play in the water. Dave actually has a 9ft soft top named in his honor out there. It’s called “Pitou Right Thru” after the time he pierced his tooth through his his lower lip while paddling out.

---What kind of music you listen to and you have been listening to?
T: We just got some chewed up copies of Herb Albert’s Tijuana Brass, so that’s what’s on the stereo right now.

---Have you got any affected bands, music, culture, movies?
T: Do we have influences? Sure do.

---How and When did you get into music?
T: Bad decisions and poor life choices made us the men we are today.

---What kind of music or bands have you been playing in the past?
T:Almost exclusively loud and angry ones.

---Could you let us know your fav recommende surf bands or surf musicians? I know Dick Dale and The Ventures only.
T: Lots of great classics out there; The Astronauts, The Packards, The Trashmen. Then there’s other more modern greats like; The Phantom Surfers, Man or Astroman and The Wangs.

---Please let us know your close(good relationship) bands around you.
T: Street Sweeper, Car 87, Frostbacks, Line Traps, The Ayatollahs, Legion of Goons.

---Please let us know your fav recommende local bands in Vancouver or in Canada.
T: Vicious Cycles

---We think your merchandise(T-shirts, Jacket art…) design are so cooool. We like them so much. Who designs and draws them?
T: All our artwork is done by Marat, and drawn with a real sick sense of humor.

---Are there any Hardcore punk scenes in Vancouver? We don`t know anything about nowadays Vancouver scene. Could you tell us about that please.
T: S.B.C. Ramp is where it’s at. 60ft long half pipe that put on shows.

---I heard from Beer City, you sent your tunes to Beer City didn`t you. Why you sent to your tunes to Beer City. Why you choose Beer City? Please tell us reasons.
T: Three words: Dirty Rotten Imbeciles

---How do you think about releasing from Beer City?
T: Mind blowing.

---What do you want to do as The Tubuloids (in the future)?
T: We’re going to come crash at your house for a couple weeks.

---Have you got any plans in 2015(or near future?)
T: We got an awesome party lined up at Anti-Social skate shop for the Split’s release. You should come, we’ll put you on the guest list. We’re also going to be playing the “Attack of Danger Bay” downhill races in the spring. Then off on a cross Canada tour for the summer.

---Could you leave a message to Japanese people please.
T: Get tubed, submit you’re pornography at: www.tubuloids.com Cheers, now take off Eh!
# by bronxxx-bronxxx | 2015-03-18 06:19 | lnterview | Trackback | Comments(0)

RECORD STORE DAY2015


2015.4/18にカナダの
THE TUBULOIDSとのスプリットLPが
リリースされます!
CHECK↓↓
Beer City Skateboards and Records
# by bronxxx-bronxxx | 2015-03-12 09:42 | Trackback | Comments(0)

Scheisse Minnelli インタビュー!

先月1月24日にアメリカのGeneral Fucking Principle(以下 GFP)と12インチ・スプリットの日本盤をリリースしたドイツのScheisse Minnelli(以下 SM)のボーカルSam(以下 S)とギターのMikey(以下 M)にBRONxxxが、メールでインタビューを行いました。SMはドイツをベースにヨーロッパだけでなくアメリカや東南アジアでも活動する アメリカ人2人とドイツ人2人によるバンドです。

読みにくい箇所があるかもしれませんが、チャックしてみて下さ~~い☆


----インタビューに応じてくれてありがとう。まずは、自己紹介をお願いします。
S:今のライン・ナップは、オリジナル・メンバーのSam(ボーカル / アメリカ人)Dudel(ドラム / ドイツ人)Dash(ベース/ ドイツ人)に一番最近加入したMikey(ギター / アメリカ人)の4人編成だよ。俺(Sam)とMikeyは、以前にサンフランシスコで違うバンドをやっていたから、Mikeyも新メンバーって感じではないね。


-----SamとMikeyは、なんでアメリカからドイツに引っ越ししてきたの? ガール・フレンドに振られたとか? 職を失ったとか? そんな事が理由かな?
S:ん~~ 俺は、アメリカで法的に色々問題があって、まぁそのぅぅ、悪循環からなかなか抜け出せなかったんだよ。だから、とにかくアメリカから脱出したかったんだ。そして脱出資金が十分貯まるまで違法なビジネスに手を染めて 見事 アメリカ脱出に成功したっわけ。で、脱出先のドイツでDudelにあってバンドを結成したって流れだね。
M:俺は、数週間の旅行のつもりにドイツに来て、みんなに会って、いつの間にかバンドに誘われて、気が付いたら4年も経っってたんだよ。

----バンド名のScheisse Minnelli(糞 ミネリ)ってどういう意味なの?
S:他にマシな名前が思いつかなかったんだよ 笑。でも今はこういう風に考えている。人生はやりたいようにやるってね。何が言いたいかって言うと、俺とMikeyは、アメリカから全てのScheisse(糞)を捨ててドイツにやって来た。好きにやらせてもらうぜって事。分かるかな?


----バンドの結成はいつ?
S:2003年の9月に結成して、初めてのショウが2003年11月。
1) ドラムのDudelにアシャッフェンブルクで初めて会ってドンチャン騒ぎをした.。
2) 初代・ギターのEgoreをカリフォルニアから呼び寄せて、地元ドイツでDashを加入させた。
3) 初めてのショウは、ハウス・パーティ。で、その家を全壊させちゃって、3つの街からたくさん警察が駆けつけてハウス・パーティが特大パーティになっちゃったんだよ。あの時はやり過ぎた。まさにクレイジー・ナイトだったよ。


----あなた達の音楽のジャンルは何? 何て呼べばいいかな?
S:何てジャンルかなぁ? 自分達が 退屈しない様に好きなようにプレイするだけだよ。パンクではあるつもりだぜ。
M:Thrash またはTrash (スラッシュ または ゴミ)

----あなた達は、今まで音楽的に近くない様々なバンドとも共演していますが、その様なバンドと共演するって事を
どんな風にとらえてるの? Municipal Waste、DRI、Poison Idea、 UK Subs、Subhumans、Jello Biafra
S:新しい客の前でプレするってのは楽しいぜ。初めは大人しく俺達を見ていた客が、最後には俺達のパーティに大騒ぎで参加したりしてたら最高じゃないか。
M:うまくいかない時もあるよね。最初から最後まで冷静で 腕組みされてたら。。。

B:普段は、どんな音楽を聴いてるの?
S:俺は、何でも聴くよ。ヒップ・ホップからパンク、ジャズからブルースまで。 最近は特にジャズ・フュージョンや80年代のヒップ・ホップが多いいかな。
M:俺も何でも来いだぜ。カントリー、メタル、ブルース、パンクなどなど。ドイツに引っ越して来てからは、いわゆるドイツ・ニュー・ウェーブのKraftwerk、Der KFCも理解できる様になったよ。今ではドイツ・ニュー・ウェーブの大ファンであり、それらのレコード・コレクターでもあるよ。まぁ良いものは何でも好きって事さ。

----あなた達が影響を受けている音楽やバンドって何かあるのかな?
S:3コードで早いのは何でも好き 笑。俺の親父は、ジャズ・ベース・プレイヤーだったから、幼少の頃からずっとばで見てきたし、その影響が一番強いかもしれないな。
M:俺も音楽一家で育ったよ。親父は合唱団、母親は音楽を常に勉強していて、兄貴(元DRIのメンバー)もバンドをしていたから、家族の影響は受けてるよ。

----歌詞について教えてくれるかな、何について歌ってるの?
S:俺の歌詞のほとんどは、俺自身や俺の廻りの人々で起こった事など、それらの経験に基づいてるんだよ。政治、宗教、警察、その他うまく行かない俺の日常に関してフラストレーションと怒りを叫ぶんだ。

----あなた達の Skateboard The Freewayって曲は、あなた達のクラシックだよね。あなたメンバーは、みんなスケードボードをやるの?
S:もちろん全員スケートボードをやるよ。いつでもスケーターの精神だよ。でもね、最近 俺は、スケートボードよりもサーフィンにハマってるかな。コンクリートよりも海や水に全てを委ねる感じがいいね。
M:ドイツは、天候が本当に悪いからスケーター向きではないけども、家の近くには小さなスケート・パークがあるし、移動の時は必ずスケートボードで移動してるよ。


-----ハードコア・パンクに夢中になったキッカケって何ですか?
S:小学校4年の時に初めてSurf PunksのBird Bathroomって曲を聴いて人生を狂わされたんだ。それ以来 このカルチャーに夢中でノン・ストップだよ。初めて見たショウはThe Dickiesだったかな。
M:俺の兄貴は、DRIのメンバーだったり、この手の音楽について色々教えてもらったから彼の影響は大きく受けてるかなぁ、若い頃は、DIやBlack Flagが好きでよく聴いてたよ。初めて見たショウは11歳の時に兄貴に連れて行かれたGBHだよ。あれは強烈な体験だったなぁ。その後は、スラッシャー・マガジンやスケートボードのビデオを通じて多くのバンドを知っていったんだ。


----あなた達にとってハードコア・パンク またはScheisse Minnelliって何?
S:ライフ・スタイルみたいな感じかな。俺自身を表現したり、みんなと楽しい豊かな時間を共有できるだろ。まぁ、いい事だけでなく悪い思い出や出来事も色々あるけどね。。。


----あなた達も廻りでお気に入りのバンドを教えてくれるかい?
S:ヨーロッパのバンドでは、Night Fever、Citizens Patrol、 Reproach、The Shining、アメリカのバンドでは、GFP、 Moses、 Cheapskate、 Party Force、Wholesale Murder、インドネシアで共演したRole Outはヤバかったよ。それと日本のCrucial Section!!!
M:Blood patrol



----仲のいいバンドって誰?
S:ヨーロッパ中を一緒にツアーしたオランダのThe Shining、ヨーロッパ、インドネシア、アメリカを一緒にツアーしたイギリスの7 Crowns、その他 色々仲間は多いぜ。


----音楽以外で好きな事って何?
S:サーフィン、スケードボード、読書、旅行
M:任天堂!!!


----GFPとのスプリットについて教えてくれるかな。なんで一緒にスプリットをリリースする事になったの?
S:GFPのクレイジー・トムと俺がネット上で出会ったんだ。で、話をしていくうちに スプリットを出せたらいいねって話になって、、、俺達は もっとアメリカでPRしたかったし、彼らも ヨーロッパでPRしたかったみたいだし、いわゆるWin Winの関係ってやつさ。


----スプリットをリリースした後の世間の反応はどうですか?
S:反応は上々だよ!!!
M:マキシマム・ロックンロールのレビューは良くなかったて聞いたよ。俺は読んでないんだけど。。。


----スプリットの録音にはどれぐらいの時間をかけたの?
S:他の音源用の曲と一緒に13曲を3日間で撮ったんだ。


----曲と歌詞は誰が書いてるの?
S:作曲の ほとんどはMikeyとDashで 、作詞は ほとんど俺だよ。
M:でも結局 メンバー全員で創ってるって事だよ。バンドで演奏してアレンジして、メンバー全員の影響が出ているからこそ飽きずにユニークでクールな作品が創れてるんだと思う。


----あなた達は、Beanies Records(以下 BR)(アメリカ / ロサンゼルス)から複数の音源をリリースしていますが、彼らからリリースするキッカケって何だったの?
S:BRのNic(オーナー)ともネット上で出会ったんだ。俺達は アメリカでサポートしてくれる人が必要だったし、実際 彼女はとてもいい働きをしてくれている。最高のスイートハートだよ☆
BR Nic:2008年に私がマイスペースで彼らを見つけたの。当時の彼らは 私の大好きなRKLに似たスタイルで、2009年にドイツのDestiny Recordsと共同リリースで 彼らの2ndアルバムを アメリカでリリースしたわ。彼らはハードに働くいい男達よ☆
beaniesrecords 


----2014年に行った東南アジア・ツアーについて教えてよ。Facebookの写真やツアー・ジャーナルと読む限りかなりハードなツアーだったみたいだけど どうだった?
S:ツアーは本当にタフだったけど凄く大きな経験になったよ。多くの素晴らしい人々に出会い 多くの未体験な文化に出会って最高だったね。演奏した場所は通常のクラブだけではなく、車の洗車場、ロブスター売場の隣り、ジャングルど真ん中の大きな滝の側などなど。で、ステージは強烈に熱くて数曲演奏する度に演奏を止めなきゃブっ倒れそうになるんだよ。超ブルータルな環境だぜ!!!未体験の連続だよ。
M:俺は現地で伝説級の酷い下痢になったよ。。。



----現地のキッズ達の反応はどんな感じだった?
S:ヨーロッパやアメリカよりも圧倒的にクレイジー!!!
M:西洋と同じようにスラムしたりするんだけど何かが全然違う。彼らはクレイジーで疲れ知らずだよ。そしてとても美しい人々だった。


----あなた達は10年以上SMを続けてるじゃない、長く続けられる理由ってあるのかな?
S:理由なんて分からないよ。いつかはバンドをやめると時がくるのかもしれないけど、そんなの想像できないな。


----今後の予定は?
S:ヨーロッパで幾つかの大きなフェスティバルに出て、その後はまた次のツアーを計画したいね。
M:俺は 計画なんて立てないぜ。なぜなら俺は パンク・ロッカーだから。!!!


-----日本のハードコア・パンクス達にメッセージをお願いします。
S:インタビューを最後まで読んでくれてありがとう。いつか日本をツアーして、日本のシーンをチェックできたら最高だな。俺達は過去に多くの音源をリリースしてるからチェックしてくれよな。
M:もしよければいつでも連絡ちょ~~うだい。一緒に日本酒を飲もうぜ!!!

# by bronxxx-bronxxx | 2015-02-16 23:19 | lnterview | Trackback | Comments(0)

❷月のライブ❷本

Completed Exposition 企画
'weekday low charge high enegry gig‼︎'
2/27(金)Studio 246十三
Completed Exposition
Tainted Dickmen
Zen Lunatics
ESPERANZA VIVA
BRONxxx
19:00/19:30



Late Late Summer Club企画
'ワンダフルモーメントvol.2'
2月28日(土)Night Wax
LIVE:
SOCIAL PORKS(愛知)
ロンリー(岡山)
POLIPPIE BOYZ
SUPER DUCK
BRONxxx
DJ:
FULLMATIC
LLSC


# by bronxxx-bronxxx | 2015-02-01 13:29 | Trackback | Comments(0)